環境システム事業

電解水衛生環境システム 守る水 大阪府総販売店

洗剤を使わずに洗濯する 健やかで衛生的な環境のために●洗剤ゼロ、常温で強い洗浄力 = 環境に優しい、コストダウン 
●強酸性水の除菌力 = 病院、介護施設、ホテル等の衛生管理汚れたら洗えばいい。しかも環境を汚さずに洗いたい。さらに除菌も脱臭も漂白もできるなら、この上なくうれしい。そんな水の実力を私たちは引き出すことができました。守る水リーフレット

業務用生ゴミ処理機 マジックバイオくん 関西販売店

清浄な森の大地に学びました。枯れ葉が落ちる。その枯れ葉の下で微生物たちが分解を始めます。やがてそれは大地を潤し、再び一本の木を育てます。私たちは、森の大きな循環システムに学びました。●2006年「食品リサイクル法」への対応
●環境「ISO14001」取組みのテーマとしてバイオくんリーフレット なぜ今、生ゴミ処理機か? 環境「ISO14001」取組みのテーマとして
 「食品リサイクル法」に対応したい※ 進めてきた環境ISOの次のテーマ、目標として生ゴミ排出量の抑制と減量に取組む企業が増えています。※ 食品廃棄物の年間排出量100トン以上の事業者については、平成18年度までに実施率20%の目標が達成されない場合、社名公表などを経て罰則が適用される。(農林水産省の食品リサイクル法解説) 導入後のメンテナンス体制※ 業務用生ゴミ処理機を長く、機能を維持して使っていくには導入後のメンテナンスが重要です。販売だけのメーカーが多い中で、「マジックバイオくん」はダスキン事業での定期訪問メンテナンス30年の越野運送(株)環境システム事業部が確実にサポートします。生ゴミ処理機のメーカーを選ぶ 生ゴミ処理の方式を選ぶ※ (株)テックコーポレーション製「マジックバイオくん」はトヨタグループ、新日軽、三井、白鶴酒造、コマツ製作所、国立呉病院など大手メーカー等への導入実績を持ち、(200社以上といわれる)業務用生ゴミ処理機メーカーでトップの実績を残しています(高い信頼性)。また製品スペックは食品廃棄物を90%~95%まで減量、1日最大処理量はTECH-550タイプで50kg、TECH-150タイプで15kg、生ゴミを必要処理サイクル約5時間で消滅と性能も優秀(いつでも処理できる、短時間で処理できる=清潔、衛生的)。しかも生ゴミ投入→スイッチ押すだけの簡単操作です。※ バイオ分解消滅型(有機物を水と炭酸ガスに変える方式)は、コンポスト(堆肥)型、乾燥型に比べ、最もエコロジー、高減量、低コスト、手間いらずな方式です。どの生ゴミ処理機がいいのか?

マジックバイオくん (TECH150A1、TECH550A1、他)

生ゴミをバイオ菌によって水と炭酸ガスに分解する過程では、悪臭の元となる物質のアンモニアなどが生成されやすい。しかし、この分解過程がスムーズかつ迅速に最終段階まで行われると、悪臭の元となる成分の生成は抑えられます。

このことから、マジックバイオくんのバイオ菌体「バイオテック・ユーノサ」は、“悪臭の生成を最小限に抑え、有機物を迅速かつ効率良く水と炭酸ガスに分解する。”という、高い分解能力による減容を目標に開発された当社独自のものです。

もちろん、この「バイオテック・ユーノサ」には、自然界の土壌に普通に生息する菌の中から選出した特定のバクテリアを特殊培養して配合した精製バイオ菌を使用していますので、環境はもちろんのこと、人にも安全なものです。 設置事例、特徴仕様触媒式脱臭装置 DEO(デオ)
臭気成分をプラチナ触媒により酸化(約450℃の低温燃焼)させ脱臭します。多様な臭気に効果を発揮し、しかも排水などの2次的廃棄物を出さず、日常のケアも簡単。既存の生ゴミ処理機に接続して使います(一部機種を除く他メーカー製も可)。包装食材ゴミ分別機 ゴミ分けるくん(エコビューター2)、スーパー、コンビニなどの包装された食品廃棄物(残り弁当など)を、そのまま投入するだけで、包装材と生ゴミに分別、細かく粉砕(減容)します。1時間当たり約500kgの高速処理能力です。エアガンとコンプレッサー付きでメンテナンスも簡単で衛生的です。お問い合わせは越野運送


電解水衛生環境システム 守る水 大阪府総販売店

汚れたら洗えばいい。しかも環境を汚さずに洗いたい。さらに除菌も脱臭も漂白もできるなら、この上なくうれしい。そんな水の実力を私たちは引き出すことができました。
枯れ葉が落ちる。その枯れ葉の下で微生物たちが分解を始めます。やがてそれは大地を潤し、再び一本の木を育てます。私たちは、森の大きな循環システムに学びました。
※ 食品廃棄物の年間排出量100トン以上の事業者については、平成18年度までに実施率20%の目標が達成されない場合、社名公表などを経て罰則が適用される。(農林水産省の食品リサイクル法解説)
※ 進めてきた環境ISOの次のテーマ、目標として生ゴミ排出量の抑制と減量に取組む企業が増えています。
※ バイオ分解消滅型(有機物を水と炭酸ガスに変える方式)は、コンポスト(堆肥)型、乾燥型に比べ、最もエコロジー、高減量、低コスト、手間いらずな方式です。
※ 業務用生ゴミ処理機を長く、機能を維持して使っていくには導入後のメンテナンスが重要です。販売だけのメーカーが多い中で、「マジックバイオくん」はダスキン事業での定期訪問メンテナンス30年の越野運送(株)環境システム事業部が確実にサポートします。
※ (株)テックコーポレーション製「マジックバイオくん」はトヨタグループ、新日軽、三井、白鶴酒造、コマツ製作所、国立呉病院など大手メーカー等への導入実績を持ち、(200社以上といわれる)業務用生ゴミ処理機メーカーでトップの実績を残しています(高い信頼性)。また製品スペックは食品廃棄物を90%~95%まで減量、1日最大処理量はTECH-550タイプで50kg、TECH-150タイプで15kg、生ゴミを必要処理サイクル約5時間で消滅と性能も優秀(いつでも処理できる、短時間で処理できる=清潔、衛生的)。しかも生ゴミ投入→スイッチ押すだけの簡単操作です。

マジックバイオくん (TECH150A1、TECH550A1、他)

生ゴミをバイオ菌によって水と炭酸ガスに分解する過程では、悪臭の元となる物質のアンモニアなどが生成されやすい。しかし、この分解過程がスムーズかつ迅速に最終段階まで行われると、悪臭の元となる成分の生成は抑えられます。

このことから、マジックバイオくんのバイオ菌体「バイオテック・ユーノサ」は、“悪臭の生成を最小限に抑え、有機物を迅速かつ効率良く水と炭酸ガスに分解する。”という、高い分解能力による減容を目標に開発された当社独自のものです。

もちろん、この「バイオテック・ユーノサ」には、自然界の土壌に普通に生息する菌の中から選出した特定のバクテリアを特殊培養して配合した精製バイオ菌を使用していますので、環境はもちろんのこと、人にも安全なものです。
臭気成分をプラチナ触媒により酸化(約450℃の低温燃焼)させ脱臭します。多様な臭気に効果を発揮し、しかも排水などの2次的廃棄物を出さず、日常のケアも簡単。既存の生ゴミ処理機に接続して使います(一部機種を除く他メーカー製も可)。
スーパー、コンビニなどの包装された食品廃棄物(残り弁当など)を、そのまま投入するだけで、包装材と生ゴミに分別、細かく粉砕(減容)します。1時間当たり約500kgの高速処理能力です。エアガンとコンプレッサー付きでメンテナンスも簡単で衛生的です。